阿弥陀岳南稜 実践アルパイン登攀研修 (個人山行)
2020年8月29日(土曜日)
参加者2名
行動記録
8月28日(金曜日)
都営三田線、西高島平駅バス停PM9時20分集合→小淵沢インター→小淵沢道の駅 AM0時30分到着→車内で仮眠→AM3時40分起床

8月29日(土曜日)
小淵沢道の駅AM4時00分出発→舟山十字路駐車場にAM4時30分到着

AM4時50分に船山十字路出発→旭小屋→立場岳→AM11時に南稜(P3)に到着。→11時45分に阿弥陀岳頂上→12時に中央稜経由下山→15時、舟山十字路駐車場に到着→鹿の湯経由→PM8時30分に都営三田線、新高島に到着、解散

Y.Kの感想

5が月ぶりもあって体力がきついことがワンピッチから、限界を感じた。
リーダー、歩き方をそれほど急がずに、ゆっくり自分のペースで歩くように、
アドバイス、慌てずにすこし気持ちが楽になった。

南稜ルートの旭小屋経由は山道が意外とわかりずらい。最初の林道の入口から沢をわたるところが、去年の台風で林道が崩壊して山道が全く見えなかった。GPSとリーダーの感でロスせずに無事本道に入れた。

南稜の取り付きに到着、ロープワークで本格研修が始まる。緊張が高ぶる。
2ピッチあるが、ワンピッチ目リードするか聞かれた。

リードの経験はいままでなかったが、一度はぜひ体験したかったので、お願いいした。これから、本番研修開始。

トランシーバー2台、問題ないかチェック。各自装備

天気はよく(暑い)、ルーンゼのルートが濡れてないことの確認がとれた。
濡れると滑りやすいので、一安心。

セルフビレイ:ハーネスにロープを結ぶ(ロープはエイトノットの結び+1回末端結び)で実施。

ビレーのイタリアンヒッチのセットをリーダーから教えてもらった。
万が一後続者が滑落した場合に、滑落せずに済む、命綱であることリアルな気持ちでわかった。

準備中滑落しないように、まずデイジーチェーンでセルフビレーを掛け安全確保。

ワンピッチ目、リード開始Y.K(人生初)全体後ろ見て、ワンステップ、三点確保を慎重に実施し登っていく、10メートル付近で中間ビレーを設置。

さらに10メートぐらい登ってビレー点に到着、セルフビレーを取り安全確保。そして、イタリアンヒッチの結び方をしてから登ってくるリーダーに声を掛けロープを引っ張る。

ここで致命的なミスを確認、登攀途中だったため、リーダーが滑落しないように祈る。リーダーの前に、ロープなしの一人の若いひとが登ってくる。ここでもしこの青年が滑落すると玉突きで、リーダーも滑落することになってともに命が危なくなると教えてくれた。

イタリアンヒッチの結び方、ワンピッチめで間違ったところを直してもらった。

安全地帯で、イタリアンヒッチのビレーヤーはイタリアンヒッチの結び方下で登攀者をビレーすることが楽で、正しい方法であることを指摘された。私は完全にイタリアンヒッチの結び方の上でロープ送りながら、第二ピッチのリーダーの登を見ていた。左上がしびれるぐらい疲れた。

イタリアンヒッチの結び方は間違ってないが、自分の立ち位置はイタリアンヒッチの結び方の下にいると、ロープ送りがスムーズであることがあとで、リーダーの教えで分かった。

リード中に、ランニングビレー用のボルトが何か所にあったので、そのまま、ビレーを付けたが、支点がない場合は、自分で判断し、ハンマーでハーケンを打って、ビレーつけなければいけないことを認識した。

クィックドローの便利だったたので、1個は練習用で買おうと思う。
下山に中央稜ルートでしたが、ところところが山道が見つからず、リーダーの長年の経験とGPSで何度か確認しながら、ほぼロスなく下山でた。

中央稜ルートはわかりにくいため、詳しくない方には、このルートは安易に使わない方がいいと思う。

今回の山行で、アルパインロープワークを教えてくださった、リーダーに感謝しています。今後の山行に活躍できるように、自宅でも練習を重ねようと思います。

記録 Y・K   



Copyright (C) 2020 mountain-fresco All Right Reserved.