足利の名山 仙人ケ岳・赤雪岳

2021年1月20日(水)

参加者5名

行動記録

1月20日

武蔵浦和AM7時→東北道足利インター経由→松田川ダムキャンプ場AM9:10分→仙人ケ岳AM11時20分→赤雪岳PM2時20分→駐車場PM3時20分→足利インター→浦和PM6時10分

群馬と栃木の県境にある600mの標高である仙人ケ岳と赤雪山。マイナーな山であるが地元の人が登られている隠れた名山である。松田川ダムの駐車場から登る。2時間強の登りであるが一気に山頂近くまで登り上げる急登である。

途中からは富士山、浅間山などが遠望できる。移動性高気圧に入ったため、天気は穏やかでった。時折吹く風は汗冷えをする。

山頂手前30分は尾根通しになり、快適な日だまりハイキングコースになる。山頂は広々していて昼食時間でのんびりする。男体山・上越の山・浅間山等景色良い。後半は赤雪山まで2時間の登り下りの繰り返しで枯れ葉によってコースが判りずらくなっている。

時折ナビでコースを確認しながら赤雪山に到着。東屋があり、赤雪山にダムから直接登るコースは夏場はメジャーなハイキングコースになっているのだろう。

赤雪山から1時間のつづら折りコースを気持ちよく下る。休憩時間入れて6時間のコースである。真冬のひだまりハイキングには向いている。雪は全くないのでトレーニングには手ごろである。

記録 Y・F



Copyright (C) 2020 mountain-fresco All Right Reserved.