厳冬の東天狗岳・西天狗岳

2021年2月6日(土)~7日(日)

参加者3名

行動記録

2月6日快晴

新宿AM7時30分→諏訪南インター経由→渋の湯御殿AM11時20分→ 高見石小屋PM2時→黒百合ヒュッテPM4時▲

2月7日快晴

黒百合ヒュッテAM6時40分→東天狗岳AM7時50分→西天狗岳AM8時10分→   →黒百合ヒュッテAM11時→渋の湯御殿PM12時30分→縄文の湯PM2時→諏訪南インター経由→新宿PM3時55分

2/6

新宿朝出発し渋滞も無く順調に諏訪南インターを抜ける。渋の湯の手前4㌔地点から道路凍結しチェーンを装着する。

渋の湯駐車場は満車で料金を旅館に払うと旅館用の駐車場に案内される。相変わらず厳冬期の天狗岳は人気がある。

共同装備を割り振り食事を摂って11時20分に出発する。天気が2日間安定して晴れる予報。今回は山小屋泊りで荷物が少ない。

直接黒百合ヒュッテに向かわず高見石小屋経由で黒百合ヒュッテへ向かう事とした。登山者は極めて少なく高見石小屋から雪の登山道の踏み抜きを繰り返す為、嫌がられるのであろう。

敢えてこのルートを選ぶのは天気の良い時、雪の中山から望む東天狗と西天狗が綺麗なのと、雪の王子蓼科山に従う森の小人モンスター達がメルヘンチックに見えるのを2人に見せたかった思いからである。

高見石小屋まではトレースはしっかりとある。賽の河原の森林限界を一度抜けだ所からは時折雪道の踏み抜きがあり股下迄足がズボッとハマって苦戦を強いられ、時間がかかる。ふたたび森林帯に入って暫くすると高見石小屋に到着する。

登ってくるときに下山者は2名すれ違っただけで話を聞いてみるとスノーシューを小屋で借りて黒百合ヒュッテ迄のスノートレッキングに往復した聞き、嫌な予感。

これも冬山。天気が良いので雪の踏み抜きはやむをえないので楽しむことに頭を切り替える。

高見石小屋からコースタイム2時間30分を頭に入れる。モフモフ樹氷の中に入り標高差200m勾配をゆっくり登り出す。後で気が付くが雪の白さが違うのと積雪量の多いのに気が付く。

中山から下りてくるパーティに2組あい、踏み抜きが多いと聞く。2組降りて来たが、踏み固められるのではなくステップが崩されてしまい登りずらくなっている。

1時間30分で森林限界を抜けると強風の吹きまくる中、蓼科山と森のモンスター達が美しい姿を見せてくれた。遠くに浅間山が見える。これぞ厳冬の北八ヶ岳。寒さに耐えての感動である。

中山からは東天狗岳・西天狗・硫黄岳が迎えるように立ちはだかっている。この周回コースに来ないと見られない山々である。

中山から30分程の午後4時前に黒百合ヒュッテに到着。テントは沢山張ってある。宿泊手続きをし夕食まで暖房の部屋とコタツでまったりしながら懇親会をする。

夕食後消灯までの2時間再び懇親会を行う。外気温マイナス10度。時折星を見に外に出る。凛とした頬にあたる冷気に都会の喧騒を忘れる。

2/7

朝食を6時に摂り6時40分に東天狗岳に向かう。黒百合ヒュッテ前の気温計マイナス15度。アイゼンを装着し小屋から標高差300mを1時間20分で登り上げる。

小屋の前は風はほとんど無いが森林限界を抜けると強風が容赦なく身体に叩きつける。

体感的には既にマイナス20度を超えている。正月の硫黄岳の時は寒気が入り、風速は10m以上で曇っていたので寒さは今回より厳しかった。

冬の八ヶ岳は寒さを学習するよい修行場である。ご来光を途中で迎え、モルゲンロートの神々しい山々が寒さを一時忘れさせてくれる。岩場を抜けると東天狗岳に到着。風が強く休んでいられない為、直ぐに西天狗岳に向かう。

西天狗岳とのコルを通過する所からは風は穏やかになる。この山の風の通り道の特徴である。20分程で西天狗岳に到着。記念写真を撮る。東天狗岳を注視すると東天狗岳の山頂を通らずにトラバースルートに登山者がいる。

トレースがあると判断しショートカットをすることにする。トレースがしっかりとあり雪崩の心配も無く、順調に通過し、元の登山道に合流。順調に黒百合ヒュッテに到着する。荷物を整理し軽く食事を摂り、渋の湯に向かって下山する。

下山路は黒百合ヒュッテへのメジャーな登山道なので踏み固められ雪の踏み抜きは皆無であり1時間20分で一気に渋の湯に到着する。荷物を整理し、冷えた身体を癒しに縄文の湯に立ち寄り、渋滞の無い高速で2時間で新宿に夕方4時前に到着した。
記録 Y・F



Copyright (C) 2020 mountain-fresco All Right Reserved.