雪の五竜岳合宿

2021年5月3日(祝月)~4日(休火)

参加者7名

行動記録

5月2日(日)

新宿PM10時→中央道安曇野野インター経由→道の駅白馬AM1時45分▲

5月3日(祝月) 曇り後暴風アラレ雷

▲道の駅AM7時5分→白馬五竜スキー場AM7時15分→テレキャビン遠見駅AM8時30分→アルプス平駅AM9時15分→小遠見山→中遠見山→大遠見山PM2時▲

5月4日(休火) 強風晴

大遠見山▲AM7時15分→中遠見山→小遠見山→アルプス平駅AM10時15分→テレキャビン遠見駅AM10時40分→大町温泉薬師の湯AM11時40分→安曇野インター経由→新宿PM7時55分

新宿夜10時集合し一路安曇野インター経由で道の駅白馬に向かう。深夜1時45分に道の駅に到着し仮眠する。

朝7時過ぎに道の駅を出発し10分で白馬五竜テレキャビンに到着する。駐車場は連休の為、混んでいる。共同装備を分けて8時15分からのゴンドラに乗る為に並ぶ。

登山届を出してルートの状況を確認する。地元登山指導員の説明ではゴンドラ山頂駅アルプス平1600mでは強風が吹き荒れて雪が降っている(実際にはブリザード)。連日降雪がある。五竜方面は荒天であるとの説明を受け、慎重な行動を取るようにと説明を受ける。

この時点では予定通りにゴンドラは動く。8時15分に運転開始となりスキー客に登山者が混じっている。15分弱でゴンドラに乗れる。アルプス平山頂駅に到着。風が強く、ゴンドラ山頂駅で登山指導員が登山者に遠見尾根は現在風速40m位で暴風になっているとの説明を受ける。

スキー場は風当たりが弱いのかリフトは動いている。一部止っているのはある。風の通り道なのかも知れない。

本来なら乗る予定であったスキーリフトが風の為、ストップしている。15分程リフトの下を歩いて登る。止まっているリフト乗り場でアイゼンを着ける。この場所当たりから猛烈な風を受けるようになる。

重装備の登山者が数人先行する中で、我々も重荷を背負って登高を開始する。荷が重いので風で身体は持ち上げられない。しかし前からの風圧は強く感じる。その分ペースが落ちる。小遠見山まで急勾配の登りである。

夜行の疲れと初日の重荷で身体が悲鳴をあげる。尾根への道を登り詰めると八方尾根方面から猛烈な風の洗礼を受ける。半端でない。体感的には風速20m近い。時折、瞬間的な突風を浴びる。

耐風姿勢を皆が取りながら風の息の変わり目を待つ。その繰り返しをしながら小遠見山に到着。此処でガスの合間に鹿島槍ヶ岳が見える。カクネ里・氷河見える。暴風で写真を撮るような余裕がない。写真は明日、晴れる事を願って中遠見山に向かう。一度下降する。

左手に雪庇が出始める。風の強い証てある。トレースはあるのでラッセルは無い。強風でバランスを時折崩し雪庇の方に身体が持っていかれないように注意する。中遠見山への登り返し途中で時折暴風が吹き荒れる。雪は降っていないが風で雪が巻き上がり顔にビシビシ当たる。

完全にブリザード。皆初めての経験であろう。怖いのは舞い上がった雪がゴーグルに着氷して視界が無くなった時である。当方は過去に正月合宿の爺ヶ岳でこのパターンで視界が無くなり、谷に落ち、九死一生を得た経験がある。

その後ゴーグルはやめてサングラスにした。猛烈な風は息をしながら強くなったり弱くなったり繰り返す。大遠見山までは、岩場は無いので、注意してさえいれば、さほど心配は無いルート。7人は安定して行動する。

中遠見の遭難慰霊碑のケルンを通過して、いよいいよ大遠見山迄1時間30分。急な勾配の登りで滑落に注意してゆっくりと登高を続ける。行動時間は5時間近くになる。尾根が平になったでナビを見ると、正に大遠見山山頂の現在地を指す。此処でテント設営をする場所を探す。

兎に角、森林帯では無いので猛烈な風にさらされる。暴風は八方尾根側から吹き荒れている。雪面を削ってテント2張を張れる場所を決める。雪が固くてスコップでブロックを作るのに難儀する。全員でピッケルのブレードを使い雪面を削る。

1時間ほど寒さと風に耐えながら、テント2張りの設営終える。女性用3人テントと男性4人テントに分かれテントが飛ばされないようにザックをテントに放り込む。まずは落ち着く。荷物を整理して3時過ぎに心が落ち着く。風は増々激しくなりアラレが降り始める。どうも天気がおかしい

アラレが降るという事は気温が高い。雪が降るならテントを叩く音はしない。そのうち雷鳴がすぐ近くになる。雷が横で聞こえる。やはり異常過ぎる。身体がアラレで濡れる前にテントの中に入れたことに安心をする。テントは暴風と雷の勢いであおられる。

女性陣はテントの中とは言え不安であったと思う。男性陣には経験談を話し冬山では普通にありうる気象状況で、雨雲レーダーで常に分析し白馬周辺の地域的な雨で1時間以内にアラレ・雷は上がると判った。風も雷が通過すれば、収まると予想していた。

女性テントとはとなり同士で入口が30㌢ほどの近さだったので声が聞こえるので状況が掴めていた。経験者の当方が女性の中に居ればより安心であったと思う。女性テントには風がもろに当たり、あおられし続けたと後ほど聞いた。飲み物を摂り、夕食を終えたころ、アラレは止み雷も遠ざかった。

風は全く収まらず、テントの中ではおそらく気象遭難事故が起きるパターンと説明する。ラインが繋がっており、我々が乗った後すぐにテレキャビンが運行中止になった情報が入り、槍ヶ岳で遭難事故が発生したとの情報も入ってきた。やはり遭難事故が。

アラレや雷が止み我慢していたトイレにも出られるようなった。しかし暴風は変わらない。大町の街の明かりが綺麗に見える。視界は良くなってきた証で、明日は晴れる事は間違いない。問題は早めに風が止むか。Ⅰが足首のじん帯を雪の踏み抜きで痛め、山頂へは無理と判断。

合わせてブリザードで20cmほど登山道を埋めている事、女子テントのポールが2本曲がり耐久性が弱くなっているので行動中に飛ばされる可能性があり総合的に判断して下山する事を説明する。午後7時30分にシュラフの中に入るが暴風が収まらず、ウトウトしながら夜中の3時まで暴風が続く。

一方女子テントはポールが曲がったので殆ど寝られずにウトウトしていたと、朝話を聞いた。テントが夜中に飛ばされるかと心配していた。

朝4時過ぎに起きて、風の勢いが収まってきた。天気は快晴。強風の時間の方が長い。朝食の準備をしている間に鹿島槍ケ岳・五竜岳・唐松岳・白馬三山の真っ白な姿の神々しい山を見る。ヒマラヤに匹敵する美しさ。

大遠見山迄来て暴風に耐えた甲斐があった。皆を安全に大遠見山の此処迄登れて、冬山の凄さを身体で覚え、神々の峰々を目の当たりに出来た事を喜ぶ。山好き人生の中でこのような経験は指で数える程しかない。

朝食は男性テントの中で7人で摂る。朝食中に瞬間的に突風が何度襲い、女子テントは軽くなった分浮き上がり、飛ばされかけた。飛ばされる前に当方の膝に女子テントの張り綱を1本巻き付けておいたのが効き、一瞬テンションが膝に掛かる。

男性2名を外に出し、女子テントのフライを外し、ポールを抜き本体をつぶすように指示をして難を回避する。雪山では速やかな判断指示を行わないと取り返しにエネルギーと時間を要する。

風が強いが冬山では普通なので、テント撤収をする段取りを説明する。男性陣がまずパッキングして女性陣の荷物を女子テントから移動し女史がパッキングしている間に、男性陣が女子テントの撤収をする。

このようにして強風中では外で待機しないようにして身体を保護する。このようなことをしてテント撤収を全て終了して、神々の山を見ながら個々に写真を撮り下山を開始する

。昨日は写真が撮れなかったので時折休憩を入れながらを山々を撮りながら歩を進める。じん帯を痛めたÌも耐えながら遅れることなく、3時間でゴンドラ山頂駅に到着する。

駐車場から30分程の大町温泉で身体を休め、昼食を摂って、一路新宿に向かう。連休の為、渋滞にはまり、夜8時前に新宿に着いた。関西に帰るSと夏の再会を誓い、五竜岳合宿は終わった。

記録 Y・F

 



Copyright (C) 2020 mountain-fresco All Right Reserved.