富岳12景大蔵高丸・ハマイバ丸

2021年5月12日(水)

参加者5名

行動記録

5月12日曇り

新宿AM7時→中央道勝沼インター経由→湯の沢峠AM9時40分→大倉高丸AM10時15分→ハマイバ丸AM10時30分→大倉高丸経由→湯の沢峠PM1時15分→天空の湯経由→勝沼インター→新宿PM5時10分

新宿朝7時集合。一路、勝沼インター経由で天目山温泉を目指す。天目山温泉から真木林道の湯の沢峠方面の道標に導かれ林道12Kを走る。

湯の沢峠手前の2Kを除いて舗装道路。運転はしやすい。峠に到着すると立派なトイレがある。駐車場は広い。

共同装備を分けて出発。避難小屋の横を進み、直ぐに大蔵高丸方面と黒岳方面の左右の道に分かれる。右手方面に進み緩やかな登りが続く。高山植物の保護のロープに導かれ、ルンルンと歩く。

森林帯に入ると4か月ぶりの参加したケガの回復後のKによる鳥の鳴き声の説明が始まる。流石、バードウォッチャー。このような平日登山には楽しい。女性たちが関心しながら説明を聞く。

35分で大蔵高丸の山頂に着く。曇り空で景色は無い。写真を撮り次のハマイバ丸に向かう。緩やかな尾根通しを歩く。天気が良ければ富士山が綺麗に見える場所。次の機会にする。35分で山頂に到着。お湯を沸かし、昼食タイムにする。風は弱いがガスっている分肌寒く感じる。

暖かい物を摂り、1時間後に元の道を戻る。1時間強で湯の沢峠に到着。タクシーが4台が上がってきた。登山者は4台に乗るほどすれ違わなかったから大菩薩方面からの縦走者が電話連絡で呼んだのかもしれないと話をする。

荷物を整理し定休日の天目山温泉を通り抜け勝沼インター近くのブドウの丘にある天空の湯に向かう。小高い丘にあるので見晴は良い。平日で空いている。温泉でのんびりし渋滞の無い高速経由で新宿に夕方5時に到着する。

記録 Y・F

 



Copyright (C) 2020 mountain-fresco All Right Reserved.