会津花の山旅(田代山&帝釈山)

2021年6月26日(土)~27日(日)

参加者6名

行動記録

6月25日 曇り

武蔵浦和23:00→東北道西那須野塩原インター経由→2:00道の駅番屋仮眠▲

6月26日 曇り後晴れ後曇り

道の駅4:50→5:40猿倉駐車場6:20→8:20田代山8:30→9:25帝釈山9:45→10:50田代山11:00→11:55猿倉駐車場→13:25桧枝岐民宿泊

6月26日 晴れ

民宿8:15→西那須野塩原インター経由→13:50武蔵浦和

6/25 23時武蔵浦和を予定通り出発。いつもより1時間遅い集合でのスタート。片道200㌔強である。深夜、仮眠のテント泊が雨で心配であったが西那須野塩原インターまでは雨は無かった。

一般道の会津街道に入ると雨が降り出し、予報通りの天候になる。時折雨は止んだりして深夜2時に舘岩町近くの道の駅番屋に到着。

雨は止んでおり仮眠に入る。

6/26 朝4:30過ぎに起きる。車で登山口の猿倉迄1時間掛かるので、朝食は登山口で摂る事にする。霧雨の中、車を移動する。舘岩郵便局を目標にして走り郵便局前に田代山登山口の道路案内板があり左折する。

道は間違いのない1本道で、猿倉登山口迄残り11㌔はラフ道路。穴ぼこを避けながら30分程走るとトイレのある第2駐車場に到着。其処から登山口まで300m車で行くと登山口駐車場になる。

青空が出始め天気に期待をする。30分お湯を沸かし食事を摂る。6:00過ぎにスタートする。整備された登山道をドウダンツツジを見ながら急登を1時間喘ぐ。

小田代に到着。池塘と高山植物に目を丸くする。青空が広がり、山の神がほほ笑んでくれた。雨を覚悟していただけに、山の旅人は口が軽くなる。来て良かった。この後、急な登りは無くなる。

田代山の絶景幕開けを旅人たちは予想していただろうか? 。15分程木道と登山道を歩くと青空は一気に広がり、草原の中に雪の残る遠く会津の山々がパノラマのように広がる。

足元はワタスゲが咲き乱れ、チングルマの群生、イワカガミ・バイケイソウ・タテヤマリンドウ・オサバグサ等、高山植物達が雪の重みから解放され、大きく深呼吸をしているようである。まさにメルヘンの世界。天気が良くなった為に描かれた、自然の造形美である。山の旅人達の心を豊かにしてくれる。

世界の街で起きている感染症を忘れさせる自然の力である。田代山に到着し遠くに会津駒ケ岳を見ながら休憩し、次の目標である帝釈山に向かう。途中弘法大師堂の避難小屋に綺麗なトイレがあり、其処を通り、一度100m位下降し、帝釈山迄登り返す。

シロシャクナゲを見ながら帝釈山に到着する。燧ヶ岳が此処で見られる。1か月前に登った雪渓がまだ残っているのが遠望できる。山頂で大休止して曇り出してきたので下山を始める。来た道を折り返す。ワタスゲとオサバグサの見ごろだけあり、登山者が登って来る。

田代山を通過し猿倉の駐車場に2時間半で降りる。昼前に到着し、宿のある桧枝岐に向かう。距離にして40㌔ある。ラフな林道を通過し国道に入り、50分程で桧枝岐に到着。民宿でチェックインし、すぐ裏にある燧の湯に。アルカリ温泉で硫黄の香りがし、寝不足の身体に程よい刺激を与えてくれる。

宿に戻り、コロナ対策で1部屋1人の対応。1つの部屋に集まり夕食の6時まで懇親会を開く。網戸から入って来る風が涼しくて快い。山談議を2時間しながら、間食を摂り、17時からロープワーク講習を行う。初めての女性会員もいるので興味深々と真剣なまなざしで講師の話に耳を傾ける。あっという間の1時間。

夕食の時間になる。南会津桧枝岐の手料理が12品出て、どれもが逸品。それに地酒を料理に出してくれた。料理とマッチして追加注文をする。1時間があっという間に過ぎる。全て皆完食。寝る前に再度、全員で燧の湯に入りに行き身体を癒す。

宿に戻り20:00に就寝。長い1日が終わる。夢枕で何を思い出しているのか。

6/27 朝6:00前に散策をする為に、桧枝岐の凛とした空気に触れながら、南会津の長閑な風景を心のページに刻み込む。6:00から朝風呂に全員入り、7:30の朝食を摂り、帰京の準備をする。

8:15分民宿を後にして、西那須野塩原インターを目指す。本日も雨予想が外れ、晴れて会津の新緑で目が癒される。宿の話では金曜日まで天気が悪く、土曜日・日曜日を心配していたが晴れて運命的なものを感じたとの話が印象的である。高速は渋滞も無く午後14:00過ぎに武蔵浦和に到着し解散をする。

記録 Y・ F



Copyright (C) 2020 mountain-fresco All Right Reserved.