晩夏の妙高山

2021年9月5日(日)

参加者 6人

行動記録

9月4日 雨

武蔵浦和21:30→信越道経由→妙高高原→1:20燕温泉駐車場仮眠▲

9月5日 曇り時々晴れ

燕温泉駐車場5:10→5:15黄金の湯→7:40天狗堂→妙高山南峰9:50→10:00妙高山北峰→11:35天狗堂→13:30黄金の湯→14:00燕温泉駐車場

9/4 関東は長雨の影響で気温が上がらず肌寒さを感じる気候であった。集合時間の21:30にも雨は降り続いていたが予定通り全員揃って武蔵浦和駅を出発。

妙高高原の温泉場「燕温泉」まで片道270㌔程。トンネルを抜けるたびに天気も回復し星空も見えてきた。1:20頃到着し仮眠をとる。先週までの熱帯夜と変わってシュラフが心地良い季節となった。

9/5   早朝4:30起床。ヘッデンを頼りにテントと寝具を片付けて手早く朝食とパッキングを済ます。薄明るくなった5:10頃に出発。まだ人の気配を感じない温泉場の硫黄の匂いを通り過ぎて登山道に入る。

すぐ脇に野天風呂『黄金の湯』があった。野天だけに開放的な造りで少し首を伸ばすと岩風呂に白濁だが透明感のある湯が満ち溢れるのが見える。下山時に寄れたら素晴らしいと誰もが思ったのではないだろうか。

早朝に少し出ていた雲は散って青空が覗けることもあれば、俄に霧となって視界が遮られる事もあり大気は不安定だ。百名山なだけに取り付きは良く整備されており舗装された道が暫く続く、道の途中にブルーシートが張られておりグラグラと音がする。

湯が沸いているのだろうか?登山道の脇を流れる渓流は冷たいが硫黄が固着しており温泉の成分を含んでいると思われる。登頂までは4ピッチ、空気は澄んでおり夏のそれとは明らかに違っていた。木々は未だ青々としており紅葉にはまだ早いが道端にはリンドウの蕾が見られ晩夏が感じられる。

道の途中、二段の滝や光善寺池、風穴を通り森林限界を過ぎる。突然、スズメバチの大群のような音に身構えて辺りを見回すが蜂の姿はなく上空にドローンがホバリングしているのが見えた。

少し登ったところの撮影スタッフに聞くと役所関係からの依頼。8合目辺りから数カ所設置されている鎖場を撮影している。高度感のある鎖場を慎重に抜けると岩に覆われた鋭角な頂きが見えてくる。岩場を抜けていくと南峰に出る。標高は最高地点だがそれを示す看板は小さい。

青紫色のトリカブトの群生する尾根を進み次に北峰を踏むがこちらの看板の方が立派だ。10:00に北峰山頂に。コースタイムより少し早いくらいのペースでの登頂。時折雲のきれ間から景色が覗けるが火打山、焼岳までは見えなかった。昼から雨の予報が出ており、また、行きがけに見た黄金の湯を想い早々に下山を開始する。

下山は3ピッチ、順調に進む。取り付き付近の舗装道路のコンクリートが歩くたびに足に響き参りかけた頃、13:30に到着。雨はまだ降らない。野天風呂だが良く手入れされており脱衣所まである。白濁だが透明感のある湯の底に黄色い花が咲いている様が名前の所以か、温度も熱すぎず丁度良い。

足を伸ばすと疲れが取れる。野趣溢れる湯を堪能して下山、駐車場までは10分ほどで14:00着。約9時間ほどの行動。特に渋滞も無く19:30頃に武蔵浦和駅に到着。

記録 S・ H



Copyright (C) 2020 mountain-fresco All Right Reserved.