初秋の磐梯山

2021年9月26日(日)

参加者 12人

行動記録

9月25日 曇り時々雨

武蔵浦和西口22:00→東北道経由→猪苗代磐梯インター→猪苗代道の駅1:30 ▲(仮眠)

9月26日 曇り

▲猪苗代道の駅5:10→猪苗代スキー場駐車場5:50→6登山口経由6:20→ 弘法清水小屋経由8:35→8:55磐梯山9:30→ 弘法清水小屋経由→猪苗代スキー場駐車場 12:20→押立温泉さぎの湯 →猪苗代磐梯インター→武蔵浦和18:45

定刻どおり22:00に武蔵浦和を出発。途中、栃木に入ったあたりから降った雨も猪苗代につく頃にあがり、暫しの仮眠につく。

翌朝、すっきりしない天気のなかスタート。登山口からスキー場をひたすら登り、ときおり振り返りざま猪苗代湖・収穫間近の黄金色に染まった田んぼを眼下に臨みながら2ピッチで弘法清水小屋を目指す。

夏季リフトシーズンが前週末9/20で営業を終了しているからか、ここまでは他の登山客の姿はほぼ見られず静かな山景色だった。

弘法清水小屋までくると他の登山者も数名おり、山頂までの最後の急登に備え小休憩。

弘法清水小屋には携帯トイレブースがあり、今回のルートでは唯一のトイレ箇所。携帯トイレ不所持者には小屋で販売もしているので安心。

さて、いよいよ山頂をめがけて最後のピッチに。ナナカマドのトンネル、赤や黄色に色づいた木々をカメラに収めながら登ること20分で標高1816Mの山頂に到着。

山頂も残念ながらガスに覆われ視界がなく、期待していた360°のパノラマはまたの機会にお預けとなったが、時折見せるガスの切れ間からの雲海は幻想的で束の間の絶景だった。

山頂はさすがに寒かったが混雑もなかったので思い思いの時間を暫し過ごて下山。その頃になると登ってくる登山者が増えだしてきたものの渋滞が出来ることもなく順調に下山。道も分かりやすく途中迷うところもなく予定より早めに駐車場に到着した。

下山後はお待ちかねの温泉。神立温泉さぎの湯さんで温泉とランチをいただくことに。親子丼やお蕎麦のほか、さぎの湯さんのご厚意で真っ赤に熟れたトマト、自家製のお漬物、フローズントマトのデザートなどいただき心も体もほっこりし帰途についた。

福島の素敵な山と素敵な人々に触れた初秋の週末になりました!

記録 M.Y



Copyright (C) 2020 mountain-fresco All Right Reserved.